キッチンの床暖房はおすすめです

両親が歳を取ってからでは遅いので、住宅リフォームをしたときの話です。実家をオール電化にすることにしました。その中で、私が一番おすすめなのがキッチンを床暖房にすることです。

30年ほど前に建てた木造家屋です。夏は窓を開けっぱなしにすれば、風も通り、涼しい実家ですが、如何せん、冬は底冷えします。

居間続きのキッチンを暖房で暖めても、フローリングのキッチンは、どうしても寒くなります。料理をするときは、換気扇を使いますし、また、結露も気になるので、キッチンは窓の開閉も多くなります。

私が知人の家を訪ねたときに、床が冷たくないので、理由を聞くと、床暖房を使っているとのことでした。子供が床で遊んでいても寒くないようにそうしたのだそうです。

歳を取るとスリッパは歩くときに危ないこともあります。スリッパをはかずに、素足で、靴下だけで、いる人も多いのです。床暖房なら、直接、足を床に置いても温かいです。そんなことから、床暖房をリフォームに取り入れました。

床暖房は、電気ヒーターと温水を循環させるタイプのものがあります。熱源が電気ですとコストが高くなりがちなのですが、リビングではなく、キッチンです。キッチンは6畳くらいですし、一日中キッチンにいるわけではないので、大事だったことは、暖かくなるまでの時間が短いことでした。また、電気ヒーター式の方が設置が容易だということもあって、電気ヒーター式にしました。