台風被害で家全体の不具合個所の住宅リフォームを決意しました

築20年程度の古い住宅で生活をしていますが、台風が直撃した際に屋根のコロニアルの一部と外壁が破損してしまいました。

また、雨どいも一部壊れてしまったので、大掛かりな修繕工事をすることが必要となりました。

これまで住宅リフォームを全く行っていなかったこともあって、いろいろな家の中の部位が劣化していることは感じていましたが、思い切ってリフォームをすることが出来ませんでした。

しかし、台風被害によって屋根と外壁等の修理が必要となったこともあって、このタイミングで出来る部位はリフォームしていくことに決めました。

せっかく外壁回りに足場を組むことになるので、外壁破損部分の修理と一緒に、全体の色の塗り替えを実施しました。

また、バルコニーの防水も見た目が劣化していたので、防水改修も実施しました。

あまり予算の余裕がなかったので、トイレ器具とユニットバスを一緒にリフォームをしました。

給湯器もかなり劣化しており、いつ故障してもおかしくない状態だと感じていたので、ユニットバス工事の際に一緒に交換しました。